月暈

2021.09.22

昨夜は皆様ご覧になりましたか?まさに名月、美しい月でしたね!中秋の名月が満月となるのは8年ぶり、だそうです。8年前、というと空を仰いで月を見る余裕もなかった気がしますが、今年は木星までしっかり見えました。

昔は月の自転と公転の周期が違っていたそうですが、地球の引力によって月の重心が表側に偏るようになり、何十億年かかけて回転の速度が変化して現在の約27.32日になったと言われています。むかーしむかしは時々見えていたかもしれない月の裏側も、今は見ることができなくなったというわけですね。

昨夜船橋市では薄い雲もかかり、「月暈」も見ることができました。雲を構成する氷の結晶で月の光が屈折して、暈のように見えるのだそうです。月暈を見ると幸運が訪れる、なんていう言い伝えもあるとかないとか。皆様にも良いことが起こりますように!

台風対策

2021.09.13

長袖を出しては引っ込め、半袖を引っ込めては出し、秋と夏をさまよう日々ですが皆様いかがお過ごしですか?今日はまた暑い1日ですが、夏特有のじりじり感は和らいでいるように思えます。

台風14号が進路を変え、九州、中国地方に台風も接近しています。強風や豪雨の際は出かけない、車に乗らないのが一番です。しかし、駐車場に停めてあるだけでも危険な場合があります。車体重量の軽いお車や車高が高いお車は、風の影響を受けやすいので注意が必要です。また、風を遮るもののない屋外駐車場などでは、飛んできたものがぶつかったりすることもあります。なるべく屋内など危険の少ない場所に停めておきましょう。

強風時、お仕事などでどうしても運転せざるを得ない場合は、ドアの開け閉めに注意です。風速20m/秒を超えてくるとドアを支えておくことが困難になります。このくらいの風速では、車内でも横風に煽られる感じがすると思いますし、道路脇の看板等が外れて倒れてくる危険も出てきます。風速30m/秒を超えると、留めつけていない瓦は飛んでしまいます。瓦の他にもトタンの屋根が飛んだり、道路上に大きな飛来物・落下物があったり、大変危ないですので、命を守ることをまず第一に、安全確保に努めてください。

白露、白秋

2021.09.07

過ごしやすい季節になってきました。虫の声にも秋を感じます。こうした感覚は日本人特有のもの、という話もありますがどうなんでしょうか?

本日は白露。朝露が、というのはまだあまり感じませんが、朝の空気からだんだんと夏の余韻が薄れていっていますね。古代中国では、人生を四季にたとえ、それぞれに陰陽五行説から色をあてはめて、玄冬、青春、朱夏、白秋、とあらわしていたそうです。(ちなみに北原白秋の「白秋」は、くじ引きで決めたペンネーム、という説が有力です。) 混沌としてまだ先の見通せない状態から、輝く青春、陽光溢れる夏を経て、実りある秋を迎える、、人生の季節も感じながら、1日1日を大切に過ごしたいですね。