建築事業部」カテゴリーアーカイブ

建築事業部に関連する投稿

テレワーク

2021.09.30

千葉県の緊急事態宣言も本日期限で解除です。感染者数も減少傾向がみられているとはいえ、なぜ減ったのかがわからないということは、いつ増えるのかもわからないということですよね。まだ安心しきれない日が続きます。

第一生命保険株式会社の「これからサラリーマン川柳」の優秀作発表がありました。2022 年春に同社入社予定の学生さんたちが応募された128句の中から選ばれたそうです。例えばこちら↓

『 白背景 求めて必死に 模様替え 』 (ひつじ さん作)

何もない壁ってなかなかないんですよね。これからおうちを建てることを検討されている方は、テレワークスペースの壁や、wifiのつながりやすさなども考えた間取りにされると良いかもしれません。テレワーク・リモートワーク用に間仕切りをつけたい、防音にしたい、などリフォームをご検討されている方はお気軽に当社にご相談ください。

波乱の自民党総裁選も終わりました。明日からは電気、ガス、小麦、たばこなどが値上がりする他、郵便の土曜日配達がなくなるなど、様々な変化があります。大型台風の予報も出ております。10月も健康第一、安全第一で過ごしましょう。

二百十日

2021.09.01

立春から数えての210日目は、古来より雑節「二百十日」として、台風を警戒すべき厄日とされています。2021年の二百十日は昨日(8/31)でしたが、船橋では午後から天気が大きく崩れ、気温もぐっと下がりましたね。

二百十日はちょうど稲の開花時期となることから、特に台風を警戒するよう、貞享暦(大和暦)を編纂した暦学者 渋川春海が「厄日」として記載したのが始まりとされています。統計上は、特に台風の上陸が多い日ではありませんが、9月も台風シーズンですので備えは必要です。

本日9/1は1923年関東大震災の起きた日です。お昼時だったので、火災が多く発生するなどして多くの方が犠牲になりました。以降、防災、減災を考えた街づくりがすすめられ、9/1は「防災の日」と定められています。

千葉県では一昨年の台風15号、19号の被害、今年の台風10号による土砂災害・浸水被害が記憶に新しいと思います。地球温暖化の影響で、「まさかこの地域で?」「今までにはなかったのに。」といった気象災害が増えています。ハザードマップを確認しておく、いつもの非常用持ち出し袋にマスク・消毒液をプラスしておく、などの他、強風時に備え家の外に出しているものをしまっておく、物干し竿をおろしておく、停電時に備えてスマホを充電しておく、懐中電灯を用意しておく、断水時に備えて湯舟に水をためておく、といった備えをしておきましょう。

船橋もしばらく雨が続く予報です。屋根の雨漏り、外壁の傷みなど、気になる症状のある方はお気軽に弊社建築事業部までお問い合わせください。

台風

2021.07.27

台風8号が迷走しながらも接近してきています。東北地方に上陸の恐れということで、被害が心配されます。

先日、ある農家さんが、「台風は風に塩分を含んでいるので、野菜が一気にダメになってしまう。畑が心配で、危ないと思っても見に行ってしまう。」と話されていました。育てる、というのは一朝一夕にいくものではないですし、大切にされているからこそのお話でしたが、やはり身の安全を第一に、確認は雨風がおさまってから、でお願いしたいです。

台風が来る前には、風で飛ばされそうなものは屋内へ入れておくとか、持ち込めないものはロープで固定するなど、「もしも」に備えておきましょう。排水溝の詰まりも取り除いておくと、雨による浸水のリスクも軽減されます。

瓦屋根の不安なところや、外壁のクラックなど、ご心配な点がございましたらクオリティまでご相談ください。「外壁塗装をこんな時期にやって大丈夫なの?」と不安を感じられるのもごもっともですが、塗装は予報に合わせて柔軟にスケジュールを組みます。台風がくる、暴風雨になる、と予めわかっている日に無理に作業をすすめることはありませんので、何かお困りごとがございましたら遠慮なくお問い合わせくださいね。